鎌倉の神社|鶴岡八幡宮や江島神社など有名神社をご紹介

鶴岡八幡宮の結婚式 鎌倉で伝統ある結婚式

TOP > 鎌倉の神社

衣装

神社挙式を行える、鎌倉エリアのおすすめの神社です。
お客様のお好きな神社をお選びいただけます。鎌倉で神社挙式を素敵に叶えましょう。
※初穂料は改定される場合がございます。お申し込み時にご確認ください。

 

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

つるがおかはちまんぐう

神社結婚式は、「舞殿」「若宮」のいずれかで行われます。雅楽の調べや神楽舞など日本の伝統に触れ、「結婚」を実感することができる、華麗で厳かな神社結婚式となるでしょう。 「幸明かり」は夕刻に行う期間限定1日1組限定の篝火挙式のことを言います。幻想的な雰囲気が印象的で、厳粛な結婚式を演出します。
また、鶴岡八幡宮での結婚式は、人力車での送迎が可能です。白無垢・色打掛などの花嫁衣裳と紋付袴の姿で人力車に乗り、上る段葛。太鼓橋の先に見える舞殿、本殿へ向かう景色は、 普段は味わうことのできない貴重な想い出となるでしょう。そして段葛を歩く観光客からは、おふたりを祝福する声が聞こえてきます。

初穂料 200,000円

住所 〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

TEL 0467-22-0315

フォトギャラリー

鶴岡八幡宮の挙式についてはこちら

 

鎌倉宮

かまくらぐう

鎌倉宮は、神奈川県鎌倉市にある神社です。式場は御本殿、もしくは室内の儀式殿で執り行います。 鎌倉宮のシンボルは、白と赤の印象的な鳥居、そして深いみどり。すがすがしい空気が流れる境内は、自分のこころと向き合うには最適な場所です。鎌倉宮では、結婚式の本質を大切に考えます。 ご縁をいただき、これからふたりで生きていくという誓いを立て、皆で祝福する。生きていることに感謝して、人生のスタート地点に立つ。どんなに時代が変わっても、人と人との結びつきは不変のもの。自然と「つながり」が強くなる。だからこそ「めでたい」。それが鎌倉宮の結婚式です。

初穂料 150,000円

住所 〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂154番地

TEL 0467-22-0318

URL http://www.kamakuraguu.jp/gokitou.html


 

江島神社

えのしまじんじゃ

祭神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)が須佐之男命(すさのおのみこと)と誓約された時に生まれた神で、三姉妹の女神様です。 辺津宮の境内の八角のお堂・奉安殿(ほうあんでん)には、日本三大弁財天のひとつとして有名な裸弁財天が安置されています。江戸時代には、この江島弁財天への信仰が集まり、江の島詣の人々で大変な賑わいを見せました。世にいわれる「日本三大弁財天」とは、安芸の宮島、近江の竹生島、江の島の弁財天のことです。
元禄時代の社殿を再現した中津宮。四枚の天女 の彫刻や154枚の四季折々の花鳥風月画などが天井に施されている中での、厳かな結婚式を。

初穂料 50,000円

住所 〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目3番8号

TEL 0466-22-4020

URL http://enoshimajinja.or.jp


荏柄天神社

えがらてんじんじゃ

ご両家あわせて約20名程度の少人数でお考えの方にお勧めです。
鎌倉900年の歴史に想いをはせ、静寂に満ちた神聖な境内でおふたりの永遠の誓いを立てられてはいかがでしょうか。春は梅、夏は新緑、秋は紅葉というように四季によって撮れるお写真の表情も変わってきます。
荏柄天神社鎌倉900年の古社、悠久の歴史と深遠な緑に抱かれ厳かな挙式を執り行うことが可能です。

初穂料 100,000円

住所 〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下3-17

TEL 0467-22-3251


御霊神社

ごりょうじんじゃ

長谷駅近く木立の中にたたずむ風情のある小さな神社。創建は古く、平安時代後期と伝えられています。
静かな社殿での厳かな挙式は、知る人ぞ知る趣あるウエディングステージ。境内の前には江ノ電の踏切があり、電車の撮影ポイントとしても有名です。 静かで厳かに、まさに大人の祝言が可能です。梅、桃、桜、あじさいがに囲まれて四季のに合わせた色とりどりの結婚式が叶います。

初穂料 50,000円

住所 〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下3-17

TEL 0467-22-3251


運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ

PAGE TOP